何とかマンションの売却をすることが出来ました

値段交渉をしなかった為数年売れず最後は言い値で売却

長年売れなかったマンションをやっと売却値段交渉をしなかった為数年売れず最後は言い値で売却保有している不動産や売却した不動産に税金がかかるのはおかしい海外赴任のためマンションを売却しました

不動産屋に提示している金額にしても、既にかなりの妥協の産物という事でもあったので、その値段ですら残念というような想いがあるので、それよりも遥かに下の金額を提示されるという事は、これまでの自分達の事が全て否定されたような感じにもなって、到底納得できるようなものでは無いという事もあったわけです。
ですが、そのような感情もさすがに数年も売れないということになればもう捨てるしかないという事も覚悟するしかないという気持ちになり、とうとう買い手の言い値で売るというような事になりました。
最終的には自分達が折れたという感じなのですが、やはりこうなったのかという事も感じるとともに、疲れたという事と、長年の懸案事項が終わって良かったという事も感じたところもあったのです。
それにしても、おかしいと感じたのは税制で、売却した不動産は売却しても税金を取られるのですが、売れなくて何も使用していない状態で保有しているだけでも固定資産税が取られるということになっていて、こんなことはおかしいのではないのかという事を感じました。
自分達のマンションは別に投資をしているようなものではなく、これまで住んでいたところが転勤によって今後も住む見込みが無くなったので、売りに出したという物だったので、特に何も運用していない物件だったのです。

マンションの売却 / 売却データ(マンション)